笑顔練習と舌先習慣位覚え伝達

1万円Webサイト作成サービス[シーパ]登録 企業・店舗検索シーパサーチ 1万円Webサイト作成サービス[シーパ]
イメージ

現商品説明・材質

タイトル

「マウスピースを舌先と下唇で支えながら上唇口角上げ体操」ウイット・リン

【ウイット体操】
Witを噛んで、ハリウッド・スマイル形状記憶床で上唇両口角を上げ、舌先「ト」発音位と下唇で支える。
現商品は、上唇はあり、舌先習慣位床は、口蓋から歯冠長分が平行に宙に浮いていて、全歯舌側接触面が無い。既製品熱可変タイプ。
舌先習慣位床は、咬合面から20度で突出し、お湯可変微調整可

*写真5のように(咬合平面との角度20度〜10度前後に、お湯70度で調整可能)
このサイトに調整法掲載。


 
綺麗な歯並びで笑顔
・上唇はハリウッド・スマイルの「両方の口角がバランス良く上がり、下唇が上の前歯の切端に沿い、下の歯や、上の歯茎を見せ過ぎず、上の歯が見えている」形
 
笑顔口舌健康体操
両口角の上がった笑顔:特許「ハリウッド・スマイル形状記憶テーブル」に上唇を「ウイッ〜」と載せ口角上げ
「マウスピースを舌先と下唇で支え、上唇口角を上げる」
材質はEVA
 
商品の特徴
上唇を載せる凹床。咬合面は前歯〜第1大臼歯頬側凸迄有り、歯の全舌側接触面が無い。舌先習慣位床は、咬合面から20度で突出し、口蓋から歯冠長分が、平行に宙に浮くよう使用。お湯可変微調整可
 
特許3854983
特開2015-015968笑顔口舌健康体操マウスピースは、2006年9月理想的笑顔矯正用マウスピース特許3854983上顎に突き出た舌先の習慣位床の形態を付けた物。
 
20度から10度等へ
写真5拡大へ
咬合平面との舌先習慣床の角度(20度から10度等へ)を小さく調整法
@水に濡らしたまな板・70度のお湯にする電子レンジ
Aマウスピースの両口角の所を持ち、徐々に指を合わせ
 
20度の後方面観
B角度を変えたい場所床部分のみを70度のお湯中に10秒入れる
Cまな板上で平面になるように3本の指で10秒押す
D左10度・右20度の比較
E10度の舌先習慣位床の出来上がり


ページトップ

関連サイト
 
お問い合わせ
 
 
FAX 0246-62-7141
企画・運営 株式会社ノーブランド 詳細・登録 シーパ管理者ログイン シーパ