岡山/インプラント/歯科/歯医者

1万円Webサイト作成サービス[シーパ]登録 企業・店舗検索シーパサーチ 1万円Webサイト作成サービス[シーパ]
イメージ
インデックス


サービス
・資料請求
・アドバイス
・子供対応
・カード利用
・予約
・バリアフリー
・駐車場
・個室
・クレジット


インプラント治療流れ


タイトル

手術1回法と2回法

 
クリックすると大きくなります
インプラント治療には、1回法と2回法の二種類があります。
この違いは、歯肉を切開する手術を1回行うか、2回行うかという点です。アバットメント(被せ物とのインプラントの接続部分)を1次手術で取り付けるものが1回法で、2次手術で取り付けるものが2回法です。2回法は手術を2回行います。 まず、歯肉を切開し、ドリルでインプラントを埋め入れるスペース(穴)を作り、インプラントを入れます。インプラントは骨の中に完全に埋め込み、その上に歯肉を被せて縫合します。そして、インプラントと骨がしっかりと結合するまで約3か月〜6ヶ月待ちます。(治癒期間) インプラントが顎の骨と結合したら、被せ物をセットするための2次手術を行います。
2次手術では再度歯肉を切開し、インプラント体にアバットメントを連結させます。その後、型を採って被せ物を作製し、アバットメントにセットします。このように、インプラント体を歯肉の下に埋め込んだ状態で骨との結合期間を経てから、アバットメント取り付ける方法が2回法です。


タイトル

AQB(1回法)インプラントの流れ

 
クリックすると大きくなります
1回法は、手術を1回だけ行います。 まず、2回法と同様に歯肉を切開してインプラントを埋め入れます。このとき、インプラントは、アバットメントと一体化したワンピースタイプのものを使用します。そしてアバットメントは、その一部を歯肉の上に露出させた状態にします。
この状態で顎の骨とインプラントが結合する期間を経て、2回法と比べて早期に被せ物をアバットメントに装着します。 AQBインプラントは特に早く骨と結合します。最短手術から2ヶ月で被せを装着できます。



ページトップ
営業エリア
岡山県岡山市
岡山県岡山市中区
関連サイト
 
お問い合わせ
 
TEL 086-272-6480
 
企画・運営 株式会社ノーブランド 詳細・登録 シーパ管理者ログイン シーパ