心理カウンセリング・催眠療法

1万円Webサイト作成サービス[シーパ]登録 企業・店舗検索シーパサーチ 1万円Webサイト作成サービス[シーパ]
イメージ

不登校の原因は?

タイトル

不登校の原因で親御さんや学校の先生は『怠けたいから』とか『学校が嫌いになった』と思い込んでいる場合があります。それに、子供自身も『いじめにあった』『勉強について行けなくなった』などと親御さんにいうこともありますが、学校や環境だけが原因という訳ではなく、本当の原因は違うのです。

本当の原因は、《お母さんとお子さんの関係性》に問題があることと、学校に関連して身体症状がおきること。

決してお母さんが悪いということではないですし、責めているわけでもありません。
逆を言えば、お母さんとお子さんの関係性の回復とお母さんの愛着の回復をすれば、不登校の問題は解決します。



タイトル


 
小学生の不登校の原因
小学生の不登校は、《お母さんとお子さんの関係性》が原因の場合が多いです。
《母子分離不安型》の不登校だと思われます。
母子分離不安型のお子さんは、保育園や幼稚園なども、あまり行きたがらなかったりします。性格的には、おとなしく、従順。手がかからなく育てやすいとお母さんが感じることが多いです。どんなお子さんでもお母さんと離れる時には、多少の不安が伴います。しかし、時間が経てば、お母さんが迎えに来てくれる。ということを学び、環境に慣れていきます。しかし、《母子分離不安》のお子さんは、お母さんと離れる時に強い不安を感じて、泣き叫び離れません。そして、その環境になかなか慣れることができないのです。

 
もう少し詳しく説明しますと・・・
《母子分離》という、これは心理学用語ですが、お母さんとお子さんが精神的にも、身体的にも分離すること(お互いに自立すること)をいうのですが、お子さんは産まれてくると、精神的、身体的にもお母さんに依存していないと生きて行けません。そして、母乳(ミルク)から離乳食になったり、おむつから自分でトイレに行けるようになったり、日々成長しながら、自立へと向かっているのです。
典型的なのは、保育園や幼稚園に行くと、お母さんから泣き叫び離れないお子さんがいますよね。お母さんから離れることに、とても強い不安を感じていて離れられないのです。

 
中・高校生の不登校の原因
中・高校生の不登校は、思春期型と言われ、思春期から不登校が始まることが多いです。
保育園や幼稚園、小学校も問題なかったが、中学生になったとたんに、不登校が始まったというケースや、中学生までは問題なかったが高校生になったら、急に不登校になったというケースがあります。

 
思春期型の特徴は、朝学校に行こうとすると身体症状(腹痛・頭痛・吐き気・嘔吐・発熱など)が出て、学校に行けなくなるというものです。しかし、病院に行ったり、自宅で眠ったり、休んだりすると症状がなくなり、元気になります。
そういう姿を見て、お母さんや学校の先生は、『怠けているだけ・・・』と思いがちなのですが、本当にお腹が痛かったり、熱があったりするのです。
身体症状の背後にあるものとして心的外傷(PTAD)があり、それに伴って不安や怒りの感情を抑圧していることが原因だといえます。

 
思春期型を回復するには?
思春期型を回復するには、『登校すること』を目標にするより、身体症状の消失や結果的にそれを支えるような形になってしまっている性格、あるいは家族関係に焦点を当てて回復を目指します。

思春期型のお子さんの性格の特徴は、一般的に知的能力が高く、勤勉。性格も温厚です。そして、繊細で、ストレス耐性が弱い事も特徴の1つです。
そして、自己抑制的で、不安や怒りといった感情を表出出来ない。ですので、普通なら怒るような場面でも、『自分が悪い』といって、自己反省したりします。



ページトップ

営業エリア
東京都
神奈川県
関連サイト
 
お問い合わせ
 
TEL 080-2269-5767
 
企画・運営 株式会社ノーブランド 詳細・登録 シーパ管理者ログイン シーパ