横浜の新築・リフォーム・外構専門

1万円Webサイト作成サービス[シーパ]登録 企業・店舗検索シーパサーチ 1万円Webサイト作成サービス[シーパ]
イメージ

耐震

タイトル

当社では随時無料で一級建築士による木造簡易耐震診断を行っております!

気象庁によると30年以内にM8程度の東海地震が発生する確率は87%だそうです。
また、阪神淡路大地震時の死亡要因の1位は「家の倒壊による圧死」(建物倒壊による頭部損傷・内臓損傷・窒息・外傷性ショック等・・・83.3%、焼死・熱傷・・・12.8%、その他・・・3.9% 国土交通省ホームページより引用)、つまり地震時に在宅していた場合、家さえ崩壊しなければ死亡する確率は低くなるといえるでしょう。

◆木造無料耐震診断とは?◆
国土交通省住宅局監修の『わが家の耐震診断』チェック表を使用して行う最も簡単な診断方法です。
20項目の強度を診断し、その住宅の地震時の倒壊の危険度を診断するものです。
一般耐震診断診断や強度計算を行うには費用が発生(10〜30万円/木造住宅1棟・建設当時の設計図がある場合)してしまう為、まずはこの無料耐震診断を受けた上でその後の対策を立てるのが賢明でしょう。
対象の建物は在来軸組工法と枠組壁工法(2×4工法)の2階建までの木造住宅です。(プレハブ住宅は対象外)

※無料簡易診断後、より詳細なチェックが必要とされる住宅には一般耐震診断・強度計算をおすすめする場合もございます。

▼診断後、地震による倒壊の危険性のある住宅、耐震補強の必要性のある住宅に関しましては一級建築士が以下の様なご提案をさせて頂きます。▼


タイトル

補強の方法

●基礎の補強●
玉石基礎等の場合は、鉄筋コンクリート造の布基礎に替え、これに土台をアンカーボルトで締めつけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●壁の補強●
@筋交いを入れたり、構造用合板を張って強い壁を増やします。
柱と梁だけでは地震の力に抵抗できません。
筋交いを入れるか、構造用合板(厚さ9o以上)を柱・梁・土台・胴差・間柱・胴縁に十分に釘打ちします。
こうした補強をする場合は以下の点も併せて行います。

A.腐ったり、シロアリに食われた部材の取替
B.土台・柱・筋かいなどの結合金物を使って堅固にします。
C.柱・梁の結合は金物などを使って堅固にします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●壁の配置●
壁の量を増やし、かつ、つりあいを良く配置します。

A.開口部(ガラス戸)などが多いと地震に弱くなります。
B.開口部を減らし、筋かいや構造用合板で補強された壁を増やします。隅部を壁にすることで一層効果的となります。

(国土交通省住宅局監修 誰でもできるわが家の耐震診断より)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは無料簡易耐震診断をお受け下さい!
ページトップ
営業エリア
神奈川県横浜市
神奈川県川崎市
関連サイト
 
お問い合わせ
 
TEL 045-894-3053
 
企画・運営 株式会社ノーブランド 詳細・登録 シーパ管理者ログイン シーパ